CATARACT SURGERY 日帰りの白内障手術

SURGERY

白内障について

目の中には水晶体といって、カメラのレンズに相当する部分があります。正常な水晶体は透明で、外から目の中に入ってきた光を屈折し、網膜にピントを合わせる役割をもっています。
この水晶体がにごり、透明ではなくなった状態を白内障といいます。
年齢(加齢)が原因であることがほとんどですが、他にステロイド薬など薬によるものや、アトピー性皮膚炎に伴うもの、目の病気に併発するものなどもあります。

アイコン:正常な眼

正 常

透明な水晶体は光を十分に通します

イメージ:正常な眼
アイコン:正常な眼

白内障

水晶体がにごり、光が通りにくくなります

イメージ:正常な眼

手術を受けるタイミング

白内障は薬では治りません。
進行した白内障を治療する方法は、手術しかありません。では、いつ手術を受けたらよいのでしょうか。
白内障は手遅れになる病気ではないので、急いで手術を受ける必要はありません。視力がいくつまで低下したから手術を受けなければいけない、ということもありません。
ご本人が生活上、不便を感じるようになったときが、手術を受ける時期になります。これは、お一人お一人の生活パターンによって異なってきます。細かいものを見ることが多い方や、車を運転する機会が多い方は、早めに手術を受けられるとよいでしょう。逆に、部屋の中で過ごすことが多く、あまり細かい字などを読んだりすることがない方は、手術を急ぐ必要はありません。
視力検査の結果が良くても、実は屋外ではまぶしくて見えづらいとか、かすみが強くなり生活に支障がある、ということもあります。たとえ視力が良くても何らかの不自由を感じておられるなら、ご相談ください。