PROFESSIONAL 手術センターのこだわり

MACHINE

目に優しい低侵襲な手術

3D Heads-up Surgery(HUS)

全国的にも先駆的に3Dイメージングシステム(TrueVision 3D Surgical Visualization System)を導入し、低照度で眩しくない手術を実施 国際雑誌にもその有用性を証明

イメージ:3D Heads-up Surgery(HUS)

眼科の手術は顕微鏡を覗き込みながら行うのが一般的ですが、当センターでは顕微鏡の映像を高感度カメラを使って大型3Dスクリーンに大きく映し出し、術者は3D眼鏡を装用して顔を上げてスクリーンを見上げながら手術を行っています。
この最新の手術方法が「3D Heads-up Surgery」です。

現在、高感度で鮮やかな映像を映し出す3Dカメラとして、「SONY HDビデオカメラ MCCー1000MD」を顕微鏡に取り付け、3Dモニター「LMD-X550MT SONY製」と組み合わせることで自然な立体感と広い視野、微細な部分も高解像度で拡大表示される3D映像として利用しています。
これにより、深い焦点深度と高感度が得られるようになり、より精度の高い手術が安全に行えるようになりました。従来の顕微鏡では、光量を上げないと手術がしづらかったため、患者さまは、かなり眩しさを感じるという苦痛を伴っていましたがMCC-1000MDにより通常の20分の1以下まで光量を下げることができ、 ほとんど眩しさを感じなくなりました。
また、術者とスタッフが同じ映像を共有することで、手術の進捗状況に合わせた対応が可能となり手術時間の短縮など患者さまの負担が軽減できるメリットもあります。

最先端の手術器具や医療機器

ORA with VerifEye Lynk

多くの皆様にメガネ要らずの人生を過ごして欲しい

イメージ:ORA with VerifEye Lynk

四国では二番目、徳島県では最初に術中屈折解析装置「術中波面収差解析装置ORA V-Lynk」を導入しました。AI技術により世界中の実績をリアルタイムで考慮しながら、より精度の高い人工眼内レンズを選定することが可能となりました。その結果、より理想に近い術後の裸眼視力「メガネ要らずの視力」を得ることが期待されます。ORAシステムは、白内障治療における眼内レンズ(以下「IOL」)の挿入術時に使用される術中診断ツールで、医師は、術中にリアルタイムで患者さまの屈折情報が把握できるため、より最適なIOL度数および固定位置が選択でき、術後の見え方に対する満足度をさらに高めることが期待できます。
事前にレンズ度数や固定位置を設定しますが、切開や水晶体除去などにより目の状態が変化するため、設定した度数や固定位置に誤差が生じることがあります。特に多焦点および乱視用のIOL移植においては、僅かな差が結果に影響を及ぼす可能性があるため、より正確なデータを使用することが望まれます。

ORA SYSTEM

リアルタイムな術中検証「ORAシステム」

ORAシステムの特長
① IOL挿入術における主要な測定値を術中リアルタイムで表示

手術の精度が向上し、患者さまのより良好な症状改善が得られる

② より最適な度数・固定位置を提案

術中に眼球全体の屈折度数を評価し、IOL固定位置角度を1度単位で検証

③ 手術によって生じる変数を最適化してフィードバック

世界中の手術結果をもとに、手術によって生じる変数を定期的に最適化・アップデート
症例を重ねるごとに医師の手技にあったIOL定数・惹起乱視を検証し、医師ごとにカスタマイズされた手術を提案

VERION イメージガイドシステム

インテリジェントな手術計画「ベリオン」

白内障手術の精度と再現性を高めるシステムです。

① 測定モジュール

角膜屈折力と軸の測定、眼表面の特徴を分析

② ビジョンプランナー

眼内レンズ度数計算や、トーリック眼内レンズ・SIA・角膜弧状切開による乱視矯正を計画

③ エレベーションテーブル

術前に計画した切開位置・前嚢切開位置、IOL中心固定位置、トーリックIOL軸を顕微鏡下とモニタにデジタルマーカーで表示

白内障手術の流れ(一部)

  1. イメージ:VERION Measurement Module

    1 VERIONを用いて 強膜血管、角膜輪部、虹彩の特徴を捉え測定

  2. イメージ:VERION Measurement Module

    2 VERIONを用いて 眼内レンズ、切開位置、乱視矯正レンズの軸決定を計画

  3. イメージ:VERION Measurement Module

    3 ORAシステムを用いて 目の動きに合わせ(トラッキングして)術前に計測、計画した情報を手術顕微鏡で見る眼球上に表示

  4. イメージ:手術直前の患眼認識・登録

    4 手術直前の患眼認識・登録

  5. イメージ:Capsulorhexis(嚢切) ガイド

    5 Capsulorhexis(嚢切) ガイド

  6. イメージ:Toric (乱視)ガイド

    6 Toric (乱視)ガイド

  7. イメージ:Centration(中心固定位置)ガイド

    7 Centration(中心固定位置)ガイド

イメージ:Centration(中心固定位置)ガイド

Proveo8

Leica社 眼科手術用顕微鏡システム

4本の同軸LED光による照明と革新技術で深くなった焦点深度により確実に細部まで観察できるようになりました。また照野径が調整でき、個々の患者さんの眼に合わせた照明が可能となり低照度でも良好な視認性、優れたコントラストが得られます。
さらに、術中にリアルタイムで高解像度、深度の深いOCT画像で断層構造を可視化することができます。

イメージ:M822F40

M822F40

Leica社 眼科手術顕微鏡システム

精密なライカ光学系と、LED とハロゲンのデュアル照明システムにより、鮮明な立体照明と安定したレッドリフレックスが実現されています。卓越した映像、執刀医にとっての快適な姿勢、そして直感的な操作による、効率的なワークフローと精密なマイクロサージェリーが行えます。

イメージ:CENTURION

CENTURION

Alcon社 超音波白内障手術装置

CENTURION ACTIVE SENTRY® ハンドピースは白内障手術中にリアルタイムで眼圧の変動を検知し、灌流液の注入量を自動調整することで、手術中の眼圧を低く一定に維持し、安定性と安全性の高い白内障手術を実現します。

イメージ:CONSTELLATION

CONSTELLATION

Alcon社 硝子体網膜手術用装置

日本で最も使用されている硝子体手術器械で、27Gを使用し切開創わずか0.4mmの最も最小の切開創で行える小切開硝子体手術、ガス注入、シリコンオイル注入抜去、眼内レーザーなど、高い次元の網膜硝子体手術に対応しています。安全で低侵襲の手術が可能で、手術時間も短く、患者さまの負担が格段に減りました。 白内障・硝子体手術を同時に行う事のできる最新の手術装置です。

最新の手技・技術を積極的に導入

VERION / Keratograph 5M / IOLMaster 700 VERION / Keratograph 5M / IOLMaster 700

松本眼科手術センターの白内障手術は、患者さま一人一人に「オーダーメイド仕様で計画」

イメージ:患者さま一人一人に「オーダーメイド仕様で計画」

一人一人の身体に特徴があるように眼にも個々の特徴があります。眼の特徴をあらかじめ複数の機器で解析し、再現性と信頼性を確かめて、手術の計画を行っています。
当センターの手術の特徴は、こだわりをもって惹起乱視(手術時の創口が元で生じる眼球の変形)を有効に利用し、術後の眼球の形を最も理想的な状態に近づけるために手術創の位置や形を一人一人に合わせて計画・工夫しています。手術創の位置によっては、高度な技と能力が要求されますが、術者は右手・左手を問わず全症例に対応でき、このような非常に珍しい手法も可能となっています。

イメージ:Alcon社製VERIONとOCULUS社製Keratograph5Mを使用

Alcon社製VERIONとOCULUS社製Keratograph5Mを使用し強膜血管、角膜輪部、角膜形状、虹彩の特徴を測定しています。

イメージ:Alcon社製VERION、Haag-Streit(ハーグストレイト)社製Lens StarとCarl Zeiss(カールツァイス)社製IOLマスター700を使用

Alcon社製VERION、Haag-Streit(ハーグストレイト)社製Lens StarとCarl Zeiss(カールツァイス)社製IOLマスター700で角膜曲率半径、角膜厚、前房深度、眼軸長等の各種眼球構成部位を光学的に測定し、より高精度に眼内レンズ度数を算出しています。

人工の眼内レンズ選択基準

患者さまにとって安全で最適な眼内レンズを選択

当センターでは眼内レンズの選択を慎重に行い、術後の屈折の安全性が高く、先進的な手術に見合ったレンズのみを選択し使用しております。

イメージ:患者さまにとって安全で最適な眼内レンズを選択

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ(一般的な眼内レンズ)は、Alcon社製Clareonを使用しております。
このレンズの特徴は、レンズの製造段階からレンズ挿入器具とレンズがセットされているため、レンズ移植まで無菌状態を保つことができ感染症や炎症のリスクを減らせることです。また、先進的な炭酸ガス駆動の自動デリバリーシステムにより、ボタンを押すだけでレンズは眼内適所に移植が可能であり、多くある眼内レンズの中でもこのような機能を持つレンズはClareonだけです。
その結果、眼内レンズ移植に伴う合併症やトラブルは大幅に軽減され安全性の高いレンズと言えます。以上のことからClareonは単焦点眼内レンズの中で最も上等なレンズといえます。そう言われると、手術費用が高くなるのでは?という不安があるかもしれませんが心配はいりません。レンズ代金は当センターで負担いたします。
患者さまの負担金額が増えることはありませんのでご安心ください。

イメージ:単焦点眼内レンズ

乱視は積極的に矯正

当センターでは、乱視の矯正が必要な場合は、積極的に乱視矯正用レンズ(トーリック眼内レンズ)を選定しています。
安定性が高く乱視矯正には、Alcon社製のアクリソフ§IQトーリック、AcrySof® IQ PanOptix®、Johnson & Johnson のテクニストーリックⅡオプティブルー眼内レンズを採用しています。

イメージ:Alcon社製 アクリソフ§IQトーリック
イメージ:Alcon社製 AcrySof® IQ PanOptix®
イメージ:Johnson & Johnson テクニストーリックⅡオプティブルー

どれも光学特性および軸ずれの少ないレンズであると高く評価されています。トーリック眼内レンズは、レンズの位置決めが大変重要です。せっかく入れたトーリック眼内レンズが精度の低い方法で移植されれば、いくら高性能なレンズを入れても、乱視は十分に矯正されず術後の見え方にも満足が得られない結果となります。そこで先述したORAシステム等の最新機器を活用しトーリック眼内レンズを1度単位で調整し移植しています。