メニュー

阿波市 眼科 コンタクトレンズ 白内障 緑内障 松本眼科

松本眼科

診療時間
平日 9:00〜12:00 14:00〜17:30

電話0883-35-7128

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性について


加齢性黄斑変性(黄斑部(網膜の中心部)にできた新生血管から出血したり、水分が溜まりはれている)

加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症)は、映像が映るスクリーン(網膜)の中心部である「黄斑部」が障害される病気です。
そのため、ものを見ようとした時に、見たい部分が歪んで見えたり、見たい部分がぼやけたり、見たい部分が黒く見えたりします。
年をとるにつれて起こりやすくなります。

放っておくと失明してしまうこともある病気で、先進諸国では高齢者の失明原因の第1位、日本では第4位です。

「黄斑部がどのように障害されるか」というと、まず、黄斑部を裏打ちしている(外側にある)脈絡膜から良くない血管(新生血管)が黄斑部に伸びてきます。新生血管は非常にもろく破れやすいため、出血を起こしたり、血管の中の水分がもれ、黄斑部がはれて、ものが見えにくくなります。

当院では検眼鏡的眼底検査や眼底写真だけでなく、OCTや蛍光眼底造影検査も行い総合的に病状を評価し、治療を行います。


  • OCT(網膜や硝子体の状態を立体的に評価できる機器)

  • 眼底写真を撮影しているところ(同機器で蛍光眼底造影検査も可能)

加齢黄斑変性の治療

抗血管新生療法とレーザー光凝固術があります。どちらも当院で可能です。日帰りで行います。

  • 抗血管新生療法
    脈絡膜から発生した新生血管が増えるのを止める薬を眼内に注射する治療法です。
  • レーザー光凝固術
    新生血管をレーザー光で焼き固める治療法です。
    周囲の正常な組織にもダメージを与えてしまうので、新生血管が黄斑部の中心から離れている場合に行います。
PAGE TOP