メニュー

阿波市 眼科 コンタクトレンズ 白内障 緑内障 松本眼科

松本眼科

診療時間
平日 9:00〜12:00 14:00〜17:30

電話0883-35-7128

診療案内

白内障


白内障(水晶体は、透明であれば真っ黒に見えるが、白内障が進行すると黄白色になってくる)

目をカメラに例えると、目の水晶体は、カメラのレンズになります。その水晶体が、徐々に曇りガラスのように濁ってくるのが白内障です。
きれいに見えるための条件1「光が、目の奥(スクリーン)まできちんと届く」が邪魔された状態です。

詳しくは白内障ページへ

飛蚊症


硝子体出血(眼球の中の硝子体に出血すると、目の中は血の海になり、目の奥のスクリーンが見えにくくなります)

白い壁や青空などを見つめた時に、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かすと一緒に移動し、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗いところでは気にならなくなります。このような症状を「飛蚊症」と呼びます。

正常でも見える飛蚊症は、数も少なく、状況によって出たり消えたりします。その正体は、眼球の中に詰まっているゼリー状の透明な硝子体の固まりです。この場合、数ヶ月から数年で徐々に飛蚊症は気にならなくなります。

一方、病的な飛蚊症は、浮遊物が「突然」「たくさん」「出っぱなし」になり、視界が狭くなったり、視力低下を引き起こします。その代表例が硝子体出血です。数ヶ月間、内服薬で様子を見て改善しないようなら硝子体手術を行います。

いずれにせよ、きれいに見えるための条件1「光が、目の奥(スクリーン)まできちんと届く」が邪魔された状態です。

飛蚊症の治療

薬物療法は無効で、治療法は手術のみです。

網膜裂孔・網膜剥離


網膜剥離(眼底下方1/2の網膜が、白く浮き上がりシワになっている。)

映像が映るスクリーン(網膜)に穴が開いたり(網膜裂孔)、その穴を中心に網膜が眼球壁からはがれて内側(硝子体の方)へ浮き上がる(網膜剥離)状態です。

きれいに見えるための条件2「映像がスクリーン(網膜)にきれいに映る 」が邪魔された状態です。

初期症状

飛蚊症が「突然」「たくさん」「出っぱなし」になり、視界が狭くなったり、視力低下を引き起こします。

網膜裂孔・網膜剥離の治療

網膜裂孔の治療は、レーザー光凝固で裂孔の周囲を焼き固めます。当院で外来治療が可能です。
網膜剥離の治療は、手術になります。


  • 網膜剥離(眼底下方1/2の網膜が、白く浮き上がりシワになっている。)

  • マルチカラーレーザー装置

糖尿病網膜症


前増殖性糖尿病網膜症(水分がたまった白い斑点が全体に広がっている)

糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、スクリーン(網膜)を養っている細い血管が詰まったり、血管の壁が弱くなり出血しやすくなります。するとスクリーンは、血で汚れたり血管の中の水分でビショビショに濡れたりして、きれいな映像が映せなくなります。

詳しくは糖尿病網膜症ページへ

加齢黄斑変性


加齢性黄斑変性(黄斑部(網膜の中心部)にできた新生血管から出血したり、水分が溜まりはれている)

加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症)は、映像が映るスクリーン(網膜)の中心部である「黄斑部」が障害される病気です。
そのため、ものを見ようとした時に、見たい部分が歪んで見えたり、見たい部分がぼやけたり、見たい部分が黒く見えたりします。
年をとるにつれて起こりやすくなります。

詳しくは加齢黄斑変性ページへ

緑内障


緑内障(眼圧で押されて視神経の中央が大きく白く凹んでいる)

緑内障は、見る神経(網膜から視神経)の病気です。きれいに見えるための条件2「映像がスクリーンにきれいに映る」の一部と、3「スクリーンの映像を視神経が脳に伝える」が障害された状態です。

詳しくは緑内障ページへ

アレルギー性結膜炎

私たちの体を攻撃する敵(細菌やウイルス)ではない(花粉、ハウスダスト・ダニ、ペットの毛、化粧品などのアレルゲン)に、自分の自衛隊が敏感に反応して暴れ回り、自分で自分を攻撃してしまう状態をアレルギー反応といいます。

詳しくはアレルギー性結膜炎ページへ

ドライアイ

ドライアイとは、涙液の量・質の異常で、目の表面が乾燥し、荒れた状態です。涙の異常があると、眼の表面を十分に保護できなくなり、傷つきやすい状態になります。

コンタクトレンズの長時間装用や、使用方法が守れていない時にも生じます。

ドライアイの主症状

  • 眼の異物感(ゴロゴロ感)
  • 充血
  • まぶしさを感じる
  • 眼が重い感じがする

ドライアイの治療

人工涙液・角膜保護剤(ヒアルロン酸)の点眼、ドライアイ治療剤(ムチン/水分分泌促進点眼剤)、抗菌薬の点眼・眼軟膏などです。

涙の排水口である涙点に「涙点プラグ」を挿入して、貴重な涙を目の表面に留めておく方法もあります。当院でも行っております。

近視・遠視・乱視(屈折異常)

老眼・老視(調節障害)

斜視

子供の治療(小児眼科)

角膜・感染症


角膜異物 くろたま(角膜)に茶色い鉄片異物がめり込んでいて、その周囲の角膜は白く濁っている

角膜(黒目の部分)に細菌や真菌(カビ)、ウイルスなどが感染すると、炎症を起こします。コンタクトレンズを正しく使用しないと、雑菌が付着し、角膜・感染症を引き起こします。

詳しくは角膜・感染症についてページへ

網膜硝子体

眼球の中はゼリー状の物質(硝子体)が詰まっています。
飛蚊症、網膜剥離などの病気は、硝子体にトラブルが発生するために起こります。

PAGE TOP