メニュー

阿波市 眼科 コンタクトレンズ 白内障 緑内障 松本眼科

松本眼科

診療時間
平日 9:00〜12:00 14:00〜17:30

電話0883-35-7128

網膜硝子体手術

網膜硝子体手術について

眼底の病気について

近年、高齢化社会に伴って、糖尿病網膜症をはじめ、加齢黄斑変性症、黄斑上膜、黄斑円孔など、聞き慣れない眼底の病気が増加傾向にあります。

これら眼底の病気は、「見えるということ」の「2、目の奥のスクリーン(網膜)に映像がきれいに映る」というのが障害された状態です。

無治療で放置しておくと、視力が非常に低下したり、視界が歪んだりすることがあります。特に糖尿病網膜症は、眼科専門医での厳重な管理が必要です。なぜなら、徐々に進行し失明に至ることがあるからです。

眼底の病気の治療


網膜中心静脈閉塞症

糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症は、網膜の血管の病気です。

血液の流れが障害されると、網膜は酸素・栄養不足になりますし、弱い血管が裂けて出血すると網膜は汚れますので、映像がきれいに映せず、見えにくくなります。

出血の場所や程度により、レーザー光凝固や手術(硝子体手術)が必要になる場合があります。当院では、どの治療も可能です。

眼底の病気の手術


網膜光凝固術で治療を行った直後の、 網膜裂孔とその周囲の網膜剥離

硝子体手術は、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、一般的な硝子体出血に対してだけでなく、網膜剥離に対しても可能ですし、もちろん黄斑部疾患(加齢黄斑変性症、黄斑上膜、黄斑円孔など)の手術も行い、地域に最先端の医療を提供できるよう努めております。

特に硝子体手術の進歩は著しく、当院では最新の超小切開の25ゲージシステムを導入し、ポート(器具の挿入口)が非常に小さく、眼に傷がほとんど残らない術式を導入しています。

ただし、症例によっては、安全性の確保や効率を考え、従来の23や20ゲージの手術を選択することもあります。

PAGE TOP